MENU

看護師転職・再就職の面接マナーについて紹介しているページです。看護師面接に必要な正しいマナーを身に着けて転職や復職に成功しましょう!

 

看護師面接の服装・装飾品マナーについて

 

まずは、服装についてですが、現在基本になっているスーツの色は黒からダークグレーですね。しっかりした印象で見られたい方、服装の色に迷っているのであればスーツの色は無難に黒かダークグレー又は紺を選びましょう。スーツなんて何年を着ていないから、ありません!という方もいると思います。購入するのが手っ取り早いのですが、転職・再就職活動の費用をできるだけ抑えたい方はできるだけ見た目が派手にならないように心掛けましょう。服装の色についても基本的に地味な色を選ぶのがポイントです。個性が大切な一部な職業の場合、個性的なファッションの方が評価してもらえるケースがありますが、看護師の場合はそのような職種とちょっと違いますね。時計、ネックレス、指輪、ピアス、イアリングなどの装飾品については目立たない程度であればOKですが、相手が気になるような派手なモノは避けたいところです。また、スーツやワイシャツなどは看護師面接マナーとしてヨレヨレの状態は避けたいところです。

 

看護師面接の髪型・髪色・化粧(メイク)マナーについて

 

女性・男性共に看護師面接での髪型マナーの基本は清潔感を出すことです。例えばフケがボロボロ落ちている人、金髪又は派手髪型の人は相手の面接官に悪い印象を与えてしまう恐れがありますので、注意が必要です。化粧・メイクについても濃くなり過ぎないようにナチュラルメイクを心がけましょう。オシャレな格好をして面接会場に行く方が稀にいますが、面接はファッションセンスを競う場ではありませんので、いかにしっかりした身だしなみで行くことがマナーとなっています。

 

清潔感の無い方は面接試験で悪印象!?

 

実は清潔感は面接試験での受験者の印象を大きく変える項目です。面接官も人間ですから、自分と一緒に仕事をする仲間で不潔な方は採用したくないという思いを持っている方も中にはいるはずです。できれば身だしなみがしっかりしていて、清潔感にあふれている方と働きたいのが当然だと思います。意外と爪や口臭、ワイシャツの袖などを見られているので、面接当日までしっかりと整えておきたいところです。

 

以上「看護師面接のマナー」でした!

 

ナースセンター速報