MENU

看護師面接の退職した理由と辞めた理由の答え方と言ってはいけないNGについて解説している看護師面接対策ページです。

 

転職者・再就職者は退職理由・辞めた理由を聞かれやすい!?

 

看護師の転職・再就職の面接試験において退職理由(離職理由、辞めた理由)を聞かれるケースは非常に多いです。なぜ病院やクリニックは退職した理由について聞くのか?と疑問に思う方も結構多いはずです。実は採用側にとって看護師を辞めた理由はとても大切なのです。

 

まず、どの病院やクリニックもそうですが、できるだけ長期的に働いてもらいたいと望んでいる傾向があります。アルバイト・パートなどではそこまで長い期間働いてくれることを期待していないところもありますが、正職員として採用する場合は継続的に働ける人材を確保したいと考えるのが当然の流れです。せっかく、採用してもすぐ辞めそうな人材は誰でも欲しくないですよね。お金、労力が無駄になる訳ですから。

 

看護師面接での退職理由を考える時に「この人、すぐ辞めそうだな~」と連想させる内容は基本的にNGと考えてください。退職理由を答える時に採用者側の目線になって回答することが結構重要なポイントになってきます。

 

NG理由の例文は・・・例えば「患者とのトラブル」、「人間関係の悪化」などが退職理由になると倍率の高い看護師求人・募集の場合は結構厳しい状況になることが予想されますね。

 

看護師転職面接の退職理由は積極的な理由が望ましい

 

消極的な印象を与える退職理由より、積極的な印象を与える理由の方が採用者側としても頼もしいと感じるはずです。

 

例えば「仕事に飽きた」と答えるより、「キャリアアップしたい」と答えた方がイメージがいいですよね。退職理由を前の職場のせいにしたり、悪口を言う回答はNGです。前の職場への不満を言えばそれだけ自分の面接での評価を下げてしまうことに繋がってしまいます。

 

嘘はバレる可能性が高いのでNG

 

看護師面接で嘘をつくのはNGです。採用担当者によっては簡単に見破られてしまうでしょう。全て嘘で固める退職理由は絶対に避けましょう。但し、退職理由や辞めた理由を考えて作っていくのは必要です。

 

以上「看護師面接の退職理由・辞めた理由」でした!

 

ナースセンター速報