看護師転職・再就職の面接に着ていく服装・格好のポイントについて紹介していきます。

 

清潔感を意識した服装・格好を心がけよう!

 

看護師の転職・再就職の面接試験の服装・格好で大切になるのは清潔感とフレッシュな印象です。看護師面接での一般的な服装・格好はスーツになります。看護師の職業は特に個性的なファッションがアピールポイントになるケースはほとんどないので、派手な格好は控えて地味な格好を意識することをおすすめします。看護師面接に着ていくスーツの色についてですが、黒、紺、ダークグレー(濃いグレー)が無難ですね。オーソドックスの色や見た目になるように準備しましょう。アパレル業界など一部の職種では個性的なファッションが面接試験のアピールポイントになり、採用に繋がるケースが多いですが、看護師ではファッションセンスで採用・不採用を決めるケースはほとんどありえないので、清潔感を意識した無難な格好を心掛けましょう。

 

第一印象が看護師面接成功のカギになる!

 

服装や格好や第一印象を判断する上で重要な基準になるケースが多い項目の1つです。例えばヨレヨレのワイシャツを着ていれば「だらしない人」と判断されたり、髪の毛がボサボサだと「清潔感が無い」と判断されるケースが考えられますね。第一印象を良くするためにも自分だけではなく、誰かに一度服装や格好を確認してもらうことをおすすめします。自分ではバッチリのつもりが他人から見るとだらしないように見えることは多々ありますので、念のために常識感覚がある人に見てもらいましょう。また、女性の場合で最近多いのがスカートの丈が短すぎるケースです。スカートを長くしすぎる必要はありませんが、ひざが隠れる程度の短さに抑えましょう。第一印象でライバルたちに差をつけて一発採用を目指しましょう!

 

以上「看護師面接の服装・格好」でした!

 

ナースセンター速報